手が届きにくい背中ニキビは人の手を借りたい

背中にニキビができるとなんとなく不潔っぽくて嫌ですよね。自分も落ち着かない気持ちになるけれど、見ている人も気分が良くないでしょう。背中ニキビだけじゃなくて、たとえばお尻に出来るニキビだって同じようなものです。

身体の後ろ側に出来る自分の手が届きにくい部分に出来るニキビって、手入れが思うように進まなくて困ります。ニキビ用の治療薬を背中ニキビだったらその部分にぬりたいと思うのに、背中に手が回らなくて自分でニキビケアすることを諦めてしまう人がいます。

「背中に手が回らないのだからどうにもできない」「背中ニキビが痒い時は椅子の背とか壁に背中をこすりつける」なんてことしていては、いつまでたっても背中ニキビは改善してくれません。結構どうしようもないところなんですが、誰か背中ニキビに薬を塗ってくれる人がいると良いと思います。

背中全体ではなくて、背中ニキビができているところにきちんとニキビ治療薬をつけてくれる人が一人でもいると助かります。家族の誰かに頼めると1番いいと思います。

そして背中ニキビが減ったりキレイに消えたら、また繰り返さないように生活習慣に気を付けることが大事なんです。シャンプーを背中までしっかり洗い流すことも忘れないでください。

背中ニキビの治し方が載っているサイトでも読んで、一度勉強してみるのもいいかもしれません。

いつもの、日常プラスヨガスクール

昨日から泊まりにきていた友だちを朝早く東京駅まで車で送り、帰ってから愛犬の柴犬とお散歩。
急いで朝ごはんを食べてから掃除して、午後に備えてメイクして着替えてヨガスクールの準備。
今日は新調したナイキのヨガパンツと、動きやすい無印良品で買ったTシャツにしました。
しばらくサボってたし寝不足だから今日のレッスンついていけるかちょっと心配なんだよね。
レッスンは全部で4時間、これが結構長いんですよね。
ずっと動いているわけではないんですが、座ってるだけでも結構キツかったりして、早くおわらないかなって思っちゃうこともしばしば。
帰りには自分へのご褒美として、大好きなハーブスに寄ってミルフィーユと紅茶で優雅なティータイムです。
このミルフィーユ大好きで、ハーブスに行くと他のケーキに目移りしたりしません。
季節のフルーツがたっぷり入っていてクリームも甘すぎず、ペロッと食べられちゃうんです。
帰宅したらヨガスクールで教わったことの復習。
すぐ忘れちゃうから、帰ってからすぐ復習する習慣をつけないといけないんです。
夜は簡単に昨日の余り物で夕飯を済ませて、好きな音楽を聴きながら雑誌見たりスマホいじって、軽くストレッチ。インストラクターになるため、日々精進あるのみ。

体調不良の日々

朝から体調が悪い。お腹が痛くて目が覚めた。ここ2週間ほど腹痛が続いていて、何だか体がスッキリしない。仕事は自宅から近いし、勤務時間もそんなに長くないので休まずに勤務している。休日は家で過ごしている。たまに外出するが、外で具合が悪くなることがたまにあり、特に腹痛が発生すると、一番しんどいのでほとんど外出しない。食事は普通に取れているが、食べると腹痛が起こる。消化不良だろう。うどんなどの汁物を食べると、腹痛が収まるのだが、ご飯や揚げ物など食べると、胃から腸あたりが痛くなる。
この前も仕事中に腹痛が起こり、トイレから出てこれなかった。腹痛になり、めまいもし、体はしんどいし、どうしようかと思った。
病院へ行っても、食中毒だと以前言われて薬を飲んでいるが、よくならない。腹痛と生理があるとさらにしんどい。お腹すべてが痛いので、殻が動かない。なんだろうなー。
テレビで大腸がんの特集やっていたが、自分はがんなんだろうか?と疑ってしまう。いや、将来的にがんで死ぬんだろうなとふと思った。両親が健在なのに、なんて縁起の悪いこと思っているんだろうとおもうのだが。食欲はあるので、なんとか過ごしている。早くバリバリ運動したいなー。

近くに欲しい100円ショップ

最近では日用品なども増加し、より便利で魅力的になった100円ショップ。全国大抵の所にはあるので、私もよくお世話になっています。

私の場合は日常で使う品々にあまりお金をかけないことから、100円ショップの日用品もよく活用しています。

中でも特に活用しているのは、イヤホンです。スマートフォンで音楽やラジオを聴く時には欠かせない品で、常備していないと不安にもなります。

そのため、イヤホンが故障して使い物にならなくなった時は大変困ります。地元に居て故障などした場合は、すぐに新しいイヤホンを近場の100円ショップで購入することで事を済ませますが、出張時や旅先に居る時に故障してしまうと大変です。

近くに100円ショップが無くて新しいイヤホンを購入出来なかったことも多々あります。そうならないように最近ではイヤホンを2個、常用と予備用ともに持ち歩くようにしており、不測の事態に備えていますが、たまにうっかり忘れてしまい、その忘れた時に限ってイヤホンが故障してしまうと埒が明かないのです。

普段から大切に使うというのが大前提ですが、イヤホンをいつも使っていても流石に細部の構造までは分かりません。いつでもどこでも、そしてどんな人でも不測の事態に対処できるように、100円ショップはいつも身近にあって欲しいと思います。

どんな場所においても身近に欲しい、それが100円ショップです。

感情表現

人間は人それぞれ違った性格がある面白い生き物です。

しかし、面白いだけでなく煩わしく感じることもあります。私も自分の性格に煩わしさを感じたり、他人から煩わしいと思われていることを感じることがよくあります。

私の場合は、よく顔がしかめっ面になりがちなこともあり、よく怒っているように、不機嫌に見られてしまいます。本当は不機嫌ではないと説明してもなかなか信じてもらえないことも少なくありません。

この時によく思うのは、感情表現は顔や声の両方で成り立つのだと言うことです。時には体の動きが加わることもありますが、主となるのは顔の表情や声のトーン、口調などで他人から見られるのだと思います。

私の場合は顔の表情に難があるため、誤解を招きやすくなってしまっています。

顔と声の違いに悩む人は少なくないそうで、自分が応援している声優さんも同様の悩みに向き合い、頑張っている方がいます。些細なことではありますが、他人とコミュニケーションをとる際には避けては通れない問題です。

勿論、何れか片方でも感情を表現するのは決して簡単なことではなく、それすら負担になっている人には二重の負担になってしまいます。感情表現はとにかく難しいです。

イメージトレーニングをしても上手くいかないことだってあります。

しかし、悩んでばかりでも仕方ないので、現状に向き合い、少しでもしっかりとした感情表現が出来るようにしていきたいと思います。

部屋を綺麗にするのは一苦労

部屋が常に綺麗に保たれている状態は憧れるばかりで、私の部屋は綺麗な部屋とは程遠い、常にゴミや雑誌などが散らばっている状態なのです。

時折綺麗にしようと思い、掃除を始めるのですが、なかなか上手くいかず挫折してしまうことがよくあります。

掃除そのものに苦労してしまうことがよくありますが、私の場合は掃除をした際に出てきた雑誌や思い出の品を読みだして、手を止めてしまい、その後片付けを進めること無く、掃除を終わらせてしまいます。

特に卒業アルバムや記念文集が出てきた際は懐かしい思い出に浸るあまり、まともに掃除の手が進みません。

毎回その繰り返しなために、年末の大掃除を除いては部屋掃除を完了させられないことが多く、場合によっては掃除する前よりも部屋が狭く感じたり、汚くなることもあります。

そのため、部屋掃除を定期的にするより、常に部屋の物を置く場所を決めておいた方が良いかなとも思って、一時は各荷物置き場を徹底することもありますが、部屋に買った品物や荷物が増えるにつれて、その決めた場所が曖昧になり、すぐに決めた場所がどこだか分からなくなってしまいました。

結局、部屋の汚い状態は続いていて、テレビで報道されるゴミ屋敷よりかは多少マシと言った状態です。

部屋を常に、もしくは定期的にでも綺麗にするのは一苦労であると日々実感しています。

いつもなぜか忙しい休み

一週間に一度おとずれる、家族みんなで過ごす休日。
毎回毎回、時間がない。
気が付いたら、夕方になってごはん支度におわれる。
今回もそうだ。
今日とゆう今日は
時間に余裕をもって、朝早くにおきた
8:30に起きたのにきがついたら、6時前
義父のごはんの支度におわれる。
はあああ
なんで、こうも時間がないんだ?
車移動でも、やはり土曜・日曜になると
どこも道が混む、それにしても
こんなに時間くうものか?
でも、今日の時間ない原因の一つが
何十年ぶりかの
占いを旦那と二人占ってもらったことが
時間をとられた原因だ!

でも久々の占いよかった。
なんでも、ずばずば言ってくれるから
気持ちがいい
もちろん、いいことも・悪いこともちゃんと言ってくれる。

とりあえず、私は今年から、いい運気に3年間突入している!
おっ!いいねぇいいねぇ。
仕事は医療関係の仕事につくか
トリマーになるか
スーパーのレジ
またはパソコン作業もむいているといわれた。

スーパーのレジは高校の時アルバイトでしていたし
今のスーパーの研修は徹底していて
対応がいいから、働きたいなと正直思っていた。
だから、むいているといわれたもんだから
帰ってきてさっそく、バイト調べている。
なんともすぐ影響されやすいこと。
だけど、占いしてもらった後は
なんだかすがすがしい気分になった。

久しぶりの占いいいもんだなぁ

母の大きな存在を感じた母の日

普段はなかなか感謝の意を伝えられない母親を相手に、母の日はプレゼントを贈ることで感謝の意を伝えました。

私が母に贈ったプレゼントは1枚の半袖Tシャツ。

価格は700円程と決して高価なものではないですが、母が欲しがっていたものということで買ってあげたところ、母は大変喜んでいました。普段は世話になってばかりの立場なのであまり気の利いたこと、とまでは行きませんでしたが、それでも些細なプレゼントで喜んでくれる母親の存在がとても大きく、愛おしく感じました。思い返せば、21年前の3月に陣痛に苦しみながらも私を守って、産んでくれたのは他の誰でも無い我が母でした。

それから21年もの間に、衝突することもあれば、想いを共有することもあり、何だかんだ言っても一番過ごしてきた期間が長い相手でもあります。

小さい頃よりも成長した面が沢山出来たのも母親のお陰だと改めて感じています。今日はそんな母と目いっぱい談笑をしつつ、楽しいひとときを過ごしました。

私と家族は比較的不仲な間柄とはいえ、母はその中でも例外とも言えるくらい仲は良好です。今ではお互いに助け合う関係になりましたが、これからも話せるときは色々なことを話して、想いを共有し、もっと良い関係になれればと思います。母は私の大切な心のオアシスです。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.